病院の特色

地域包括ケア病床のご案内

当院では、急性期治療後のリハビリテーション・在宅復帰に向けた医療や退院支援を行うため、令和元年11月1日より南3階病棟において『地域包括ケア病床』を10床オープンいたしました。

地域包括ケア病床とは

急性期治療が終了した患者さんが住み慣れた自宅等で生活をするため、在宅への退院支援や調整を行う病床です。
医師や看護師、リハビリスタッフ等により治療・支援を行っていきます。また、在宅支援担当看護師、ソーシャルワーカーがサポートします。

地域包括ケア病床の受け入れ対象

●急性期疾患の治療後、在宅、社会復帰までもう少し治療やリハビリなど、準備が必要な方

●在宅・介護施設等に入所中の方で、肺炎などの軽~中程度の急性期の方

●慢性期の定期的な治療、教育入院、レスパイト入院、医療ニーズの高い短期入院の可能な方

※ただし、当該病床入室後、最長60日以内での退院が原則となります。

入院費用について

地域包括ケア病床に直接入院された場合は、「地域包括ケア入院医療管理料」を算定致します。
ご不明な点がありましたら、医事課までお問い合わせください。

ページトップ