かみいち総合病院

病院のご紹介

院長ご挨拶

院長 戸島 雅宏 平成24年4月1日かみいち総合病院長に就任いたしました。当院は、これまで時代の要請にあわせて改善に取り組んできました。現在は病診連携、病院間機能分担の流れが進み、上市町第7次総合計画では、地域包括ケア推進とかみいち総合病院の医療機能充実が提言されました。今回これからの当院の担うべき役割を明瞭にすべき時期と考え理念の見直しを行いました。
 新理念は「住民が安心して地域で暮らし続けるための医療の砦として私たちの病院が存在する」とし、その実践のための基本姿勢として、
1.地域医療の確保
住民のニーズに対応し、地域の医療機関、保健・福祉分野と連携した包括医療・ケアを提供する。
2.チーム医療の推進
医療従事者として研鑽に励み互いに助け合い、質の高い安全な医療を実践する。
3.住民参加
地域に開かれた病院を目指し、住民との交流を深め町づくりに貢献する。
4.思いやりの職員集団
一人ひとりが思いやりの精神をもって活動する。

を掲げました。今後10年間高齢者人口が増加する上市町の将来を見据え、「患者さん中心」から「住民中心」への視点を強め、地域住民の協力も得て、職員一丸となって地域医療を守っていきたいと思います。
 また新年度から、DPC導入、中新川郡地域連携ITネットワークシステム導入、休日リハビリ実施、女性専用ドックもあわせて開始されます。一般急性期医療の提供、家庭医療センターを中心とする在宅医療推進、糖尿病センターを核とした地域医療連携による疾病予防・健康づくりの充実など負託された業務は広範囲ですが、地域医療への理解と情熱をもった若い医療スタッフの参画も得て、活力のある病院と町づくりに貢献していきたいと思います。                       

                                                    院長 戸島 雅宏